自分の身体に不満があるなら美容外科で美容整形を受けよう!

施術の種類

同じ箇所の施術であっても、方法が異なる場合があります。
例えば、一重まぶたを二重まぶたにするための方法には、主に2種類あります。ここでは二重まぶたを作るための施術の種類についてご紹介します。

1つは、切開法です。これは文字どおり、一重まぶたをメスで切開することで、二重まぶたを作るという方法です。
この方法では、切開の過程でまぶた周辺の脂肪を取り除くこともできるので、すっきりとした二重まぶたを手に入れることができます。
また、切開法で手に入れた二重まぶたは、その後元に戻ってしまうというようなことがありません。切開して手に入れた二重まぶたは、その後一生二重まぶたのままなのです。
逆に、失敗してしまった場合には取り返しがつかないということでもあります。二重まぶたのラインを変えたいと思っても、一度切開してしまった二重まぶたを変えることはできません。
また、二重まぶたを作るための切開は、手術の執刀医によって仕上がりが変わります。技術のない執刀医だと、失敗してしまうかもしれません。失敗したときのリスクは非常に大きいので、切開法による二重まぶたの獲得には慎重な判断を要します。

もう1つの方法は、埋没法です。こちらは特殊な糸をつかって、まぶたの裏側から二重まぶたになるようなラインを形成するという方法です。
この方法では、糸を埋没させるだけなのでまぶたにかかる負担が少ないこと、そして糸を取れば元に戻るため何度でもやり直すことができるというメリットがあります。
施術後の痛みも腫れも少なく、気軽に利用できる方法といえるでしょう。
デメリットとしては、糸が外れてしまえば二重まぶたも解消されてしまうということです。糸は縫い止めてあるだけなので、不意に外れてしまうことがあるという点が大きなデメリットになります。
また、切開法と比べてくっきりとした二重のラインが作りにくいという点も気がかりとなるでしょう。
しかし非常にリーズナブルな値段で受けられる美容整形なので、美容整形手術をしたくないという人や、できるだけかかる料金を抑えたいという人にはオススメです。